税務コンサルティング

概要

所得税や法人税、相続税等すべての税金に関わる納税は連関をもっています。
納税に気を取られ、あるいは納税をネックとして本来の事業を正しく行うことができなくなることほどばかばかしいことはありません。個人にしても法人にしてもあるべき事業の結果として納税があるべきです。
節税しませんかといった単純なコンサルティングに心を動かされることなく、本来の医療を行うための明確な計画立案を行い、事業を事業として正しく実施しながら、結果としてもっとも適切な納税を行うことができるようすべての税務を考えてみる必要があります。納税しないということは事業活動を行わない、といった極端な帰結になる税務への考え方ではなく、あるべき事業活動を最大限行ったうえでもっとも適切な納税対策を行うことが必要です。
事業計画(個人の資産対策)とともに納税計画を立案し、税務全体を総合的に検討することがベストです。

目的

正しい事業活動の結果としての納税対策を行うことにで、事業を正しく行いながら、かつ納税を正しく行いながら事業継続していくことを目的としています。

手順

(1)事業及び納税現状分析
(2)シミュレーション
(3)対策立案
(4)行動計画
(5)実施

期間

1年