会計監査

概要

正しい財務会計が行われる必要があります。財務会計が正しく行われていなければ正しい経営判断を行うことができません。数字が正しく把握されるための会計処理が会計規則を遵守しているのかどうかについて監査することが必要です。
監査法人による病院会計監査を行うことにより、会計処理上の誤りを発見し、病院経営そのものを正しく表す会計を確立しなければなりません。それはまた管理会計を確立する前提でもあります。ここにおける会計監査では、オプションで部門別損益計算の前提が整備されているかどうかについても調査します。
なお、病院会計準則を満たした会計を行う必要がある規模の組織は、病院会計準則にしたがった会計を行わなければなりません。病院会計準則にしたがった会計ができるよう支援します。

目的

正しい会計処理のための会計監査を行うことを目的としています。

手順

(1)内部統制整備状況調査
(2)会計監査実施
(3)問題点発見(部門別損益計算のための問題発見を含む)
(4)課題抽出
(5)解決のための計画立案
(6)組織的活動
(7)成果獲得

期間

3ヶ月