事業資金調達

概要

納税や投資等に向けた前向きな資金や、資金繰りや対策を誤った相続税のための後ろ向き資金のどちらについても、それぞれについて個々に対応を行います。
方法を検討し金融機関と考え、もっとも適切であるという方法を採用します。

目的

医療機関の必要に応じて金融機関と交渉し、必要資金の調達を行うことを目的としています。

手順

(1)ニーズ聴取
(2)資金調達障害の探索
(3)ネックの解消
(4)調達必要事項の検討
(5)調達のための資料作成
(6)金融機関との交渉
(7)修正(他の方法の検討を含む)
(8)再交渉
(9)成果獲得

期間

資金調達完了まで