コンサルティング(個別相談)

概要

病院経営上は、事業計画立案のなかで決めた利益を出す必要があります。利益を出すためには、収益をあげることと、費用を削減することが基本です。収益をあげるためには患者数を増加させることと単価をあげることが必要です。これらについてはどちらかというと外部戦略が中心となります。しかし、経費はどちらかというと内部の判断や院内改革が基本的な戦略(内部戦略)となります。
コスト削減は、絶対額削減と単位当たりコスト削減に区分されます。前者は使用量削減と単価削減、そして後者は生産性の向上によって達成されます。これらを行うのは院内であり、院内で達成する努力をすれば成果をあげることが比較的容易なものであると考えます。内部戦略の徹底を行うためには何をしていけばよいのかについての検討を行わなければなりません。
コスト削減について全体的なアドバイス、コンサルティングを行います。

目的

コスト削減を行うためのコンサルティングを行うことを目的としています。

手順

(1)コスト削減目標の決定
(2)コスト削減対象の選択
(3)コスト削減手法の検討
(4)コスト削減計画立案
(5)実施プログラムの実施

期間

1年以上