行為別原価計算導入

概要

医療行為毎の原価を計算する原価計算。行為別原価計算を患者別に集約することによって、患者別疾病別原価計算を行うことができます。

目的

(1)行為毎の原価計算
病院のあらゆる行為毎の原価を計算する
(2)原価管理の資料
実際原価を把握
(3)原価引き下げ(低減)の資料
標準原価を設定し、どこにポイントがあるのかを明らかにしたうえで、
標準と実際の差額を分析し、原因を把握したうえで原価低減させる

手順

(1)どのような行為があるのかの抽出
(2)行為ごとに、材料費、労務費(タイムスタディを行う)を計算
(3)部門別損益計算から治療間接費を配賦
(4)費目毎に標準原価を設定
(5)費目毎に原価低減を行う
なお、行為別原価計算の前提として部門別損益計算が 導入されていなければ
なりません。

期間

1年以上