収益向上-事業計画立案パック(個別相談)

概要

よい医療はよい経営からといわれています。いくら良い医師やスタッフが存在したとしても、彼らを動かすに足る経営管理体制が整備されていなければ、期待する成果をあげてもらえません。厳しい経営環境のなかで病院が今後淘汰される状態になると予想されていますが、であるからこそ医師や職員の力を最大限引き出すことができる事業計画を立案することが必要です。
事業計画を立案する方法が確立していない、事業計画の内容が不明瞭、事業計画を推進実行できない、といったさまざまな問題を各病院は持っていますが、結局のところ正しい事業を立案できないところに、それ以降の経営が事業計画どおりに進んでいかないという元凶があることを認識していないことがあります。正しい、あるべき方法によって事業計画を立案することこそが、そののちの事業計画を円滑に進め、目標を達成するための要諦である、ということを理解しなければなりません。
本来の事業計画立案によって、良い経営を行い、良い医療を担保していくことが望まれます。

目的

本来の事業計画を立案することによって、医療機関が良い経営を行い、良い医療を担保することを目的としています。

手順

(1)病院実態分析
①定量分析
・財務(KPI分析を含む)
・非財務(医療マターを中心として)
②定性分析
(2)マーケティング
(3)SWOT分析
(4)経営方針の聴取・決定
(5)部門目標の整合性確保
(6)指標目標決定に基づく行動計画立案
事業計画推進プログラムの提示や、実行支援はオプションとなります。

期間

3ヶ月~6ヶ月