接遇セミナー

概要

医療はサービス業であるとことさらにいわれています。これは逆に言えば、サービス業としてはさまざまな問題があることを示唆しています。患者に対しどのように接するのかといった基本的な問題に対し病院は真摯に取り組む必要があります。医療を施すという考え方から、フラットな関係で医療を提供するという考え方に軸足を移すということは、言い換えれば従来の患者への接し方を見直し、真に患者の立場に立った医療及び医療周辺行為のあり方を探ることであると考えます。接遇とはいったいどのようなものであるのか。
単にレクチャーを聞きそれですべてを学習しようとするセミナーではなく、また、形式的な挨拶の仕方、笑顔の作り方で完結してしまうのではなく、コミュニケーションのあり方についての議論、さらには人の立場にたって物事を考えられる人の育成、といった観点からの対応が必要となります。個人別にカルテを作成したうえで、個々の職員、医師の人格にまで辿る(たどる)接遇のあり方を探ります。

目的

医療従事者である前に、一人の社会人としてどのように他人に対して振舞うのか、また医療従事者として、信頼される者となるためどのように行動すればよいのかについて個人の人間性変革への追及を行い、以って患者にとってあるべき職員のあり方を理解し、習得すること、さらには無意識のうちに行動できるよう職員や医師の意識を変えることを目的としています。

手順

(1)基本的な行動のあり方の学習
(2)現状分析
(3)できていないところの発見
(4)個人別カルテの作成及び行動計画立案
(5)多角度評価
(6)継続的訓練の実施

期間

6ヶ月~1年間