リスクマネジメント支援

概要

院内で発生している医療事故の原因を分析し、対策をとることで、可能な限り医療事故を低減させていくための支援をします。
〔参考〕
Ⅰ潜在事故発見による防止・抑止
①看護過程のチェック
②メンタルチェック
③巡視による抑止
Ⅱ事故対応
①予防策整備
②実施(看護師・コメディカル・事務職込みで)
③発生(データベース化)
④③分析及び対策立案
⑤実施(通達・マニュアル・事故対応)
⑥発生(データベース化)
⑦対策(通達・マニュアル・事故対応)
⑧検証(巡視・勧告)

目的

(1)インシデントをなくす
インシデントを科学的に分析し、アクシデント撲滅へつなげる
(2)アクシデントをなくす
アクシデントを予防する
(3)医療の質を高める
インシデント、アクシデントを防止するプロセスは医療の質向上の プロセスと
同じである。
したがって事故防止を行うプロセスにおいては必ず医療の質が向上する
(4)患者様に感謝・感動してもらう
医療の質が向上することで患者さまに感謝、感動してもらう

手順

(1)事故報告書での情報収集
(2)原因分析
(3)対策検討
(4)対策
(5)事故低減
(6)本来の接遇による、ポジティブなリスクマネジメント
別途、このプロセスで、業務マニュアルによる教育の実施、医療現場における権限の行使状況のチェック、パスの徹底管理等を行うことが必要となる。

期間

6ヶ月から1年