クリティカルパス作成運用ソフト

概要

 
(1)PC上でパスを利用する必要性
クリティカルパスを作成することはとても大変です。パスを作成するためには、カルテやレセプトをベースに、特定の疾患の調査を行い、日々の診療活動を一つ一つ拾い出して紙に書き出し、それをまとめていくという作業を行います。これらはとても煩雑ですが、専門ソフトがあることによって、一定のフォーマットに必要項目をひとつひとつ拾いながらドラッグしていくという方法によって、シートに落としていくことができます。一端データ化してしまうので、後の運用がとても楽にできます。

目的

専用のクリティカルパスソフトを利用することによって、次の成果を得ることができます。
(1)PC上での患者経過
パス適用患者だけではなく、入院患者すべての情報入力を入信診療計画を通じて行いますので、患者の経過をPC上で把握することが可能です。入院診療計画書で設定した入院期間を超えればアラームがつき、その原因を入れることを指示されます。
(2)患者用パス作成
インフォームドコンセントのための患者用パスも即時作成できます。
(3)バリアンス管理
また、パス適用患者についてはバリアンス(標準からの逸脱)や変動といったものについての管理も豊富なコードによって行えます。
(4)統計他管理
バリアンスの統計その他管理が可能です。
(5)行為のための時間管理
多くの職種の方がベットサイドに無秩序に訪問することを避けるために、特定患者の日々の活動の時間管理も行うことができます
(6)原価計算機能
一定の設定を行うことによって簡便な原価計算を行うこともできます。
上記の結果として、
(1)医療の標準化
(2)チーム医療
(3)合理的な治療による平均在院日数の短縮
(4)多くの患者をケアできる時間の捻出
(5)原価計算による原価把握、結果としてのコスト削減
といったことが行われることになります。

手順

以下の手順で実施しますが、これは紙ベース(ワード、エクセルベース)でパスを作成するのと同じ手順ですが、それぞれの項目の作業がとてもやり易く、管理し易くなります。
(1)疾患の特定
(2)対象者の選択
(3)他職種チームの任命
(4)パスフォーマットの決定
(5)文献の調査
(6)過去カルテ検討
(7)ゴールの設定
(8)診療ガイドライン設定
(9)アウトカムの決定
(10)測定技術についての合意
(11)初期パスの完成
(12)スタッフの教育
(13)運用
(14)バリアンスやアウトカムデータの測定分析
(15)パスの改訂
ソフトを導入することで運用、管理におけるより多くの付加価値を高めていくことが可能です。

期間

1年間