電気料削減

概要

電気量の削減は水道量の削減に告ぐ経費節減方法です。
電圧を変える方法と、自家発電する方法と2つの方法があります。
基本的には病院の場合、電圧を下げることにより消費量を減らすということについては医療機器の稼動に影響がでるときのことを考慮し、病院にはなじまないといわれています。自家発電の場合には、安定的に安いコストでの電力供給が行われることになります。但し、この方法の場合には、大きな設備をつくらなければ一定の効果があがらないため、ベット数が少ないところについては却ってコスト高になるところもあります。ベット数が一定以上のところについて効果が発現します。

目的

いくつかの方法によって電力量を削減することを目的としています。

手順

(1)調査
(2)装置を導入した場合のシミュレーション
(3)意思決定
(4)契約
(5)工事
(6)リース契約

期間

6ヶ月