定着率向上

概要

医療機関は医師や看護師の定着率、とりわけ看護師の定着率について十分な留意を払う必要があります。経験と知識を身につけることで力をつけ、他の病院に移っていくことは社会的にみれば高い効用を生むことにはなりますが、貴院にとってみればせっかくある一定の期間勤務して慣れた看護師で優秀な者がやめていくことによって、診療上看護上大きなロスを生むことになります。
優秀な看護師には残ってもらいたい、とった思いを徹底的に仕組みにしていく必要があります。定着率は総合的な看護師の医療機関に対する思いの裏返しです。看護師にとって魅力のある医療機関であるかどうかが問われることになります。病院環境すべてが対象となります。立地、勤務条件、理念、実績、標榜科目、文化風土、医師、リーダーシップ、仲間やシフトの組み方といったさまざまな要素が絡み(からみ)合って定着率を形成します。
定着率が総合力である証左です。
定着率をあげるための各要素をピックアップし、自院の定着率を高めるためにどのように行動すればよいのかについて総合的な問題解決を行います。
全国平均、あるいは近隣病院とのベンチマークからはじめ、貴院に内在する定着率を阻害するさまざまな問題を抽出し、解決することによって定着率を向上させます。定着率を向上させることで、採用費を引き下げることや、スキルの高い看護師が医療の質を底上げすることを行うことが生産性をあげ、コストを全体的に削減します。反対側では医療の質の向上がブランド構築、収益向上にも貢献します。
定着率を軸に医療機関のマネジメントを変革していくことが、結果として多くの効用を医療機関にもたらすことになります。

目的

さまざまな方法により看護師の定着率を高めることによって、コスト削減、ブランド構築、収益向上を確保することを目的としています。

手順

(1)過去分析
(2)定着率向上目標設定
(3)必要事項調査
(4)アンケート実施及び集計による問題点把握
(5)問題解決のための計画立案
(6)個々についての作業実施

期間

6ヶ月~1年間