人事すべて-アウトソーシング

概要

原価重視の時代に病院は突入しています。労働集約的な組織である病院においては、病院経営を人を中心として行うことになります。職員がモラールをあげなければなりません。
公平公正な評価を行う、すなわち、成果をあげたものとあげていないものの評価を明確にすることが職員のモラールを向上させるポイントです。
成果主義に基づく評価制度や、目標管理制度について、人事考課の一環として考るものですが、採用、配置、教育、評価、処遇、退職といったことを対象とする人事管理はとても大変な仕組みをもっています。院内でこれらを含めた人事管理をスタッフを割かずに徹底することは困難です。
院内でスタッフを置かず、アウトソーシングすることが、早期にかつ確実に人事管理制度を院内に整備し、運用を行っていくことができる唯一の道であると考えます。

目的

人事に関わるすべての業務をアウトソーシングし、貴院の担当者を置いた上で人事管理を行っていくことを目的としています。

手順

(1)現状調査
(2)実施事項の整理
(3)実施事項の決定
(4)実施スケジュールの決定
(5)訪問頻度の決定(請負業務)
(6)オンライン・オフラインのバックアップ
(7)成果を達成
なお、1年間において担当会社のスタッフが貴院の経理担当者を教育育成するということも可能です。

期間

1年以上