(19AUG12)管理指標の重要性(3)

行動を定量化し、見える化(可視化)を図り管理するために指標が不可欠であることが分かります。できるだけ多くのことを、時間、金額、%、個数、件数、人数等の指標に落とし、可視化を図る必要があります。

なお、ただ現状を把握するだけの指標(実績指標)だけではなく、目標となる指標(先行指標)を設定し、目標と実績の乖離をどのように埋めていくのか、検討しその解決のために行動することが必要です。指標の予算実績管理ができているかどうかについても、日々検証していかなければなりません。

組織活動を何もかも定量化、原因分析を行うことで、自分達がどう行動すればよいのかの目安ができます。指標を管理することを「指標管理」といいますが、組織行動を定量化し適切な方向に誘導するために、指標管理を徹底して行い成果を挙げることが望まれます。