1.増患は医療継続の要

医業収益は、患者数x単価に分解されます。国が求める機能を果たす基準に点数が依存しており、単価を引き上げることには限界があります。患者を増やさなければ、収益は頭打ちになります。
そもそも、マクロ的にみると地域人口減少だけではなく、景気悪化や地域包括ケアシステムの進展により、病院の外来患者や入院患者が減少しています。
体質強化を図り、マーケティングやプロモーションを行うことで、自院の機能を広く地域に知らしめていかなければなりません。より質の高い医療をどのようにつくりあげていくのか、地域活動をどのように行うのかを考え行動する必要があります。組織を挙げた(自院の)増患対策が必要な時代の到来です

2.増患のための活動

自院の内外体制における強み弱みを分析し行うべきことを整理して、その実行の仕組みをつくります。ビジョンや戦略が適切かどうかを確認するとともに、各部署職員のパフォーマンスを分析し、院内で受け入れが適切に行われているか検証します。
決めたことを必ず実行できる仕組みを整備し、評価や教育を徹底して、一人ひとりの職員の情熱や、やる気から生まれる彼らの力を最大限引き出せる役割割り当てを行い、成果を挙げていきます。その活動は働き手が不足する医療分野において、採用の改善や定麓率向上を生み組織の活気をつくり出します。
また、患者の来院経路や入退院経路を分析し、外来を増やし入院比率を上げ、また入院紹介増加のための外部に向けた活動を決定します。連携室だけではなく、営業チーム組成や外部から人員を投入し、強みを優位性(ブランド)として掲げ、未連携先や地域に向けて、さまざまなプロモーションを行うのです。
生き残りをかけた闘いのなかで、自院は病院内外において、どのような増患対策を行っているか、対策は徹底されているのかを検証し、あらゆる視点からの増患活動を実行することが求められています。

3.ホワイトボックス社のミッション

ホワイトボックス社は長年にわたり医療機関の経営支援を行ってきました。私たちは地域医療を守るため、増患医療を守るため、増患対策の仕組みづくりや実際の増患活動の支援を行います、皆さまのご要望をお聞かせください。