Home > News : (18OCT20)外来と在宅のバランス(3)

News : (18OCT20)外来と在宅のバランス(3)

しかし、医療制度改革においては、機能分化や在院日数短縮を推進しており、総じて早期に退院し自宅や住宅、施設で医療を受ける患者さんが増加することが予想されているなか、在宅のニーズは高くなることは間違いがありません。

在宅療養支援診療所となり、介護期の医療を担う診療所が求められることも事実です。サービス付き高齢者住宅や住宅型有料老人ホームの整備が行われ、また地域ケアサービスの構想が進んでいます。

医療と介護の提供が一体化され、患者さんやご家族のニーズに合った療養環境が提供されます。訪問看護ステーションや訪問リハ、そして訪問介護サービスを展開し、在宅での医療を推進する診療所も増加してきています。医療を取り巻く環境は、着実に変化してきているといってよく、的確な判断による診療所運営が望まれています。
投稿者: DTB Support 投稿日時: 2018-10-20 0:00:00 (152 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明