Home > News : (18OCT05)外来と在宅のバランス(1)

News : (18OCT05)外来と在宅のバランス(1)

診療科や地域によりその程度は異なるが、全国的にみて外来に通院する患者さんの数(受療数)は減少しています。一時期開業が増加したことや、外来に通院できない高齢者の増加等も影響していると考えられます。

増患が戦略テーマとなる。勤労者の利便性を図るため、診療時間や診察日を変更したり、多様な診療を行う、あるいは他科の医師を招き、新たな診療科を設けて患者さんの確保をする診療所もあります。

そして在宅(訪問診療)です。患者層に合わせて外来のコマ数を減らし、在宅に取り組み始める医師もいます。とりわけ平日の数日間を近隣の訪問診療に充てる診療所も散見されます。
投稿者: DTB Support 投稿日時: 2018-10-5 0:00:00 (104 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明