Home > News : (18SEP12)人はなぜ懸命に仕事をするのか(1)

News : (18SEP12)人はなぜ懸命に仕事をするのか(1)

懸命とは、力のかぎり努めることや全力をつくすこと。精一杯やることをいいます。

人が懸命に働く理由はさまざまです。お金のため、生活のため、やりたいことをやるため、やらなければならないことをやるため、好きな人のため、尊敬する人のため等々がそれらです。しかし、本当に懸命に働くことができるのは、自らが率先してその仕事が面白い、好きなだと思うときだといわれています。他から言われてやるのではなく、自ら望んで仕事をすることに喜びを感じるときにはじめて、懸命に働き成果を出そうとするのです。やらなければならない(やらなければならないことが他律的ではなく、使命感に燃えてという場合は別だと思いますが)のでやるといった、義務で仕事をしているときには、一時期は没頭することができたとしても、最後の詰めのところで力を発揮できません。
投稿者: DTB Support 投稿日時: 2018-9-12 0:00:00 (268 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
中島亮医師が当社経営陣に入ります
病院支援の仕組みをご活用下さい
病院の「経営企画室」業務、私達が請け負います
3か月で病院原価計算導入
勝ち残る5段階で進めるDPC戦略
オンリーワンクリニックになりたくありませんか?


お勧め化粧品 BLOG よい病院・よくない病院の見分け方 素敵な人のお話
クリッククリニック 聞いてネット(FAQ) わかった!経営の処方箋


ホームサービス・商品目次Drトレジャーボックスとはご利用方法としくみ
ご登録画面ご登録の手順会員規約お申し込み方法運営会社の説明